お知らせ

  • TOP
  • 発達わんぱく会法人ロゴを制定しました。

発達わんぱく会法人ロゴを制定しました。

この度、NPO法人発達わんぱく会は、「法人ロゴ」を制定いたしました。

<法人ロゴに込めた想い>

発達障害の子どもたちは、それぞれに異なる特性を持っています。
「自閉症スペクトラム」や「発達凸凹」という言葉で表現されるこの特性を、色と形の異なる図形で表現しました。

また、左側には「ひよこを見守るおやどりのように子どもや保護者に寄り添う」というポリシーを表した、にわとりとひよこのイラストを配しました。
このイラストは「こころとことばの教室こっこ」のロゴにも使われているもので、
こころとことばの教室こっこのロゴとの共通点を持たせることも意識しています。



<法人ロゴ制定の経緯>

これまで創業事業であり主力事業の「こころとことばの教室こっこ」のロゴを、「法人ロゴ」としても利用してまいりました。

創業から5年が経ち、「こころとことばの教室こっこ」以外にも、「巡回支援事業」「コンサルティング事業」と、複数の事業を手がけるようになり、
「こころとことばの教室こっこ」ではなく「発達わんぱく会」として活動する機会が増えてきましたので、
「法人ロゴ」を作成することになりました。

作成にあたっては、全スタッフによる投票を2回行うなど、スタッフの想いを反映し、法人の顔として永く愛されるロゴを目指しました。


この法人ロゴのもと、「すべての子どもが発達障害を持って生まれても、自立したその人らしい大人になって、 豊かな人生を送れる社会」の実現を目指し、
これまで以上に全スタッフが一丸となって取り組んでまいります。

今後とも変わらぬご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

寄付で支援

ページトップへ