療育プログラム

  • TOP
  • 療育プログラム

こんなお子様のこころとことばを育てます

成長・発達について

  • 発達がゆっくり、歩きはじめが遅い。
  • からだの動きがぎこちない。
  • 手先が不器用、おもちゃで上手く遊べない。
  • 生活習慣がなかなか身につかない。

ことばについて

  • ことばが遅い、ことばの理解が遅い
  • 必要以上に大きな声を出す。
  • 繰り返しが多い、会話がずれる。
  • やや一方的なコミュニケーションが多い。

性格や行動について

  • 落着きがない、かんしゃくを起こしやすい。
  • 視線が合いにくい、気持ちの切り替えが難しい。
  • 友達とあまり遊ばない、けんかが多い。

概要
音楽・造形プログラム。表現する楽しさや自信を育み、意欲を育て、お子様の成長を促す土台を作ります。
1回の定員1回の時間
4〜6名 45分
保護者のかかわり
同室あるいは相談室から見守り

概要
一人ひとりの発達や興味に合わせた課題学習を行い、ことば・認知・コミュニケーションの力を身に付けます。
1回の定員1回の時間
1名 45分
保護者のかかわり
同席

概要
友達との遊びやゲームを通して、友達との適切な関わりや集団生活のルールを学びます。
1回の定員1回の時間
4〜6名 60分〜70分
保護者のかかわり
同室あるいは相談室から見守り

音と色の療育

このプログラムは、「音楽」と「アート」の二つのセクションに分かれて構成されています。
音楽療法のトレーニングを受けたスタッフが、音・音楽や色・アートを「療育を行う道具」として利用し、それぞれの子どもの成長に必要な、認知力、言語力(ことば)、情緒の安定(こころ)、身体機能の向上(からだ)、コミュニケーション力などの発達をバランスよく促します。
音楽療法は、音や音楽の働きかけの中から、子ども達の五感を刺激し、心と身体で感じる感情を育み、もっと友達と関わりたい、もっと出来るようになりたい、という意欲を育てます。
日常生活の中で自信を失いがちな子どもたちが、楽しい音楽体験の中で、
時には演奏者になったり、時には参加者になったりしながら、音楽を介して人と同じ時間と場所を共有し、自信をはぐくみ、集団生活に大切な協調性が身についていきます。
「色」の時間も、「音」の時間と同様に、アートが持つ様々な要素を療育的に用い、子どもの総合的な発達を促します。

個別療育

一対一のマンツーマンで課題に取り組みながら、人と積極的に関わる楽しさや人に向かう姿勢を育てます。
これは、人とのやりとりやグループ活動に参加するための基礎として、とても大切な力です。
そして、一緒に取り組むことの楽しさを感じながら、遊びやゲームの要素を取り入れた、ことばや認知の力を育てる幅広い学習課題に取り組んでいきます。
他にも、手先の操作、視覚と運動を育てる課題、ルールのある遊び、教科学習への基礎作りなど、お子様のステップごとに細やかで丁寧な支援を行います。
子どもたちは、個別療育で行う一人ひとりの発達段階や得意・不得意に合わせた様々な課題によって達成感を味わいながら確かな自信を育んでいきます。

グループ療育

友達と一緒にすごす小グループの中で、友達と一緒に遊びながら、
さまざまなことを学び、力を身につけています。
4 ~ 6 人のグループを作り、目的にあわせた課題や遊び、安心できる環境、専門スタッフのうながしや見守りを通して、友達への興味や関心をよりいっそう育てます。そして、友達との関わり方や集団生活のルールを楽しく学びます。
各グループの狙いは以下の通りです。メンバーや時期によって、適切な狙いを設定しながら活動に取り組みます。

1~3歳児クラス

親子一緒に活動する安心感の中で、自分の気持ちを受け入れられる経験を積み、親子の信頼関係を築く。

2・3歳児クラス

親子一緒に活動する安心感の中で、同じ遊びをしながら友達への興味や関心を育てる。順番等の簡単な集団のルールを覚える。

3・4歳児クラス

友達と一緒に遊ぶ楽しさを育て、自己表現などのやりとりの方法を
覚えていく。スタッフの称賛を期待して自ら行動する。

4・5歳児クラス

好きな活動への意欲を育て、喜びを友達と共有する。友達の気持ちに気づく。グループの中で主体的に行動しことばで表現する。

まずはお気軽に
お問い合わせ下さい!
見学随時受付中

お電話でのお問い合わせ

: 047-711-1871

受付時間:火〜土 8:30〜17:30 担当:二川

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

ページトップへ