開設・運営支援

  • TOP
  • 開設・運営支援

施設の足りない地域に施設をつくる

発達わんぱく会のコンサルティングサービス

発達障害の子どもが社会に適応するには、幼少期に療育を受けることが大切だと言われていますが、実際に療育を受けられているのはわずか8.5%です。これはひとえに療育施設が不足しているためです。
放課後等デイサービスの急増によって発達障害への認知が高まった今、早期療育を行う児童発達支援事業所へのニーズが高まっています。しかし、すべての子どもに療育の機会を提供するには、私たちだけでは力不足です。それぞれの地域に、本気で子どものことを考えた事業所が必要です。 発達わんぱく会では、児童発達支援事業所向けにコンサルティングサービスを提供し、日本全国に早期療育施設を増やし、ひとりでも多くの子どもに支援を届けます。

①利益が出るビジネスモデル・業務の仕組みを教えます。

- 創業経営者である理事長がコンサルティングを担当

②高い顧客満足を実現する療育ノウハウを教えます。

- 自社内の教育担当者や、実際に現場で活躍しているスタッフによる充実の研修
- 座学だけでなく、ロールプレイやこころとことばの教室こっこの現場見学なども含んだ実践的な研修

これから新規開設される方 開設支援
すでに運営されている方 運営支援

児童発達支援事業に参入すべき理由

子どもの約6.5%は発達障害だと言われていますが、そのうち療育サービスを受けられているのはたった8.5%。必要な支援が行き届いていないのが現状です。

児童発達支援サービス利用者の割合

1〜5歳児の人口:5,273,000人(統計局,2013年9月の推計値)
児童発達支援サービスの利用者数:2013年9月の実績値59,027人から、発達障害児以外の利用者数を30,000人と仮定して算出(厚生労働省公表)

2012年の法改正時には児童発達支援事業と放課後等デイサービスの施設数はほぼ同数でしたが、2015年10月には2倍以上の差になりました。
今後は縮まる方向で推移することが予想されます。

児童発達支援と放課後等デイサービスの施設数

施設数は社会福祉施設等調査(厚生労働省)を参照

発達わんぱく会の実績

NPO法人発達わんぱく会は、児童発達支援事業を主力事業とし、5期連続の黒字年平均成長率138.3%を達成しました。

売上と損益の推移

毎年実施している保護者への満足度調査では、毎年90%以上の保護者様に「療育効果あり」との回答をいただいています。

療育の影響を感じた割合

児童発達支援事業所開設支援の詳細

事業計画立案からスタッフ育成まで伴走いたします

① マーケット調査
② ビジネスモデル提案
③ 事業計画立案

④ 営業・広報活動
⑤ 物件調達
⑥ 採用・人員配置
⑦ 業務フロー整備
⑧ 帳票類の整備
⑨ 社内制度整備

⑩ ITシステム整備
⑪ 必要書類の整備
⑫ スタッフ教育
⑬ 備品調達
⑭ ITインフラ環境整備
⑮ 各種手続きの実施

① マーケット調査
② ビジネスモデル提案
③ 事業計画立案
④ 営業・広報活動
⑤ 物件調達
⑥ 採用・人員配置
⑦ 業務フロー整備
⑧ 帳票類の整備
⑨ 社内制度整備

⑩ ITシステム整備
⑪ 必要書類の整備
⑫ スタッフ教育
⑬ 備品調達
⑭ ITインフラ環境整備
⑮ 各種手続きの実施

支援先の声

  • わだつみキッズ瑞江教室
    代表 平田様

    開設して事業を行っていくには、経営者の情熱と理念の徹底は不可欠ですが、全力でサポートしてくれる発達わんぱく会の存在はとても心強いと思います。

  • 児童発達支援・放課後等デイサービス
    ハルモニア 代表 篠原様

    弊社スタッフの特長をしっかりと掴んで親身になってご指導下さいましたので、各人が基本をしっかりと身に付け、自分の言葉として落とし込むところまで辿りつけたと感じています。

  • アートチャイルドケア
    SED事業部課長 石村様

    本部サイドだけでなく現場サイドに対しても、丁寧に作りこまれ、体系化されたコンサルティングを実施して頂けたと感じております。

開設支援実績一覧

実績の公表にご同意いただいたお客様のみ掲載しております。

児童発達支援事業所開設セミナー

理事長の小田が直接お話しさせていただくセミナーです。
法人設立後6年で5事業所を開設し、黒字運営を実現するノウハウなどをお伝えしています。

近日開催予定のセミナーはこちら

「こころとことばの教室こっこ」の見学受付中!

まずは発達わんぱく会の児童発達支援事業所である、
こころとことばの教室こっこ」をご見学ください。コンサルティングサービスの担当スタッフがご案内いたします。

公益財団法人日本財団の助成により、2017年3月末日まで見学料1万円のところを無償にてご見学いただけます!

詳細および見学のお申込み

コンサルティングサービスの詳細について、お見積り・提案のご依頼、
見学のお申し込みは下記の連絡先までお願いいたします。
■ 電話:047-702-8822(担当:吉田)
■ メール:お問い合わせフォーム

資料無料ダウンロード

児童発達支援事業の詳しい情報、収支モデルなど、開設にあたって知りたい情報満載の資料が無料でダウンロードできます。ぜひご覧ください。

資料の無料ダウンロード
のお申込みはこちら

ページトップへ