お知らせ

  • TOP
  • 寄付会員制度をスタートします!

寄付会員制度をスタートします!

この度、NPO法人発達わんぱく会は、新たに寄付会員制度をスタートいたします。
これは、「すべての子どもが発達障害を持って生まれても、自立したその人らしい大人になって、
豊かな人生を送れる社会」の実現を目指す発達わんぱく会の活動に、共感・賛同いただける方が支援をしやすくなる仕組みです。
寄付会員制度を通じてより多くの方々からの支援をいただくことで、目指す社会の実現が近づくものと考えています。

寄付会員制度の開始にあたり、理事長の小田のコメントを以下に掲載いたします。

=====
NPO法人発達わんぱく会は、発達障害の子どもが自分らしく成長できる街づくりを目指しています。
しかし、現在の日本社会において、4つの“不足”があるために、発達障害の子どもが自分らしく成長できていないと考えています。

①療育ノウハウの“不足”
②保護者の気付き・理解の“不足”
③地域の連携・理解の“不足”
④療育を行う施設数の“不足”

4つの不足の解決に向けて、当法人は3つの事業に取り組んでいます。
*それぞれの子どもにあわせた、早期療育事業(こころとことばの教室こっこ)
*早期発見事業/保育園への巡回訪問事業
*運営ノウハウを活かした他事業者へのコンサルティング事業

寄付会員制度の2つの目的
◯ 同じ思いをもった同志を増やしたい
こうした発達障害の子どもたちのための取り組みをもっと多くの方々にしてもらうために、
寄付会員制度をスタートし当法人の理念に共感しともに社会の改善に取り組んでくれる方々を広く募ります。
寄付の他、寄贈、ボランティアなど、支援いただいた方々と当法人の活動を定期的に共有し、
発達障害の子どもたちにとってより良い街づくりのために一緒に取り組んでいきたいと思います。

◯ 新たな財源としたい
今後、4つの不足の解消に向けて3つの事業を強化するほか、新たな事業に取り組む際に寄付収入を財源にしたいと考えています。
認定NPO法人の仮認定も取得できており、寄付をしてくださる方が税額控除の制度を利用できる体制が整っています。

発達障害を持つ子どもたちのためにともに取り組んでくださる同志と、ひとりでも多く巡り会えることを期待しています。

2016年7月5日
NPO法人発達わんぱく会
理事長 小田知宏

=====

寄付会員制度の概要

発達わんぱく会の寄付会員制度は月500円からの支援が可能です。毎月もしくは毎年の継続的な寄付と、1回ごとの寄付が可能です。
決済方法については、クレジットカード(VISA、Master)もしくは口座振込から選択できます。
※口座振込は1回ごとの寄付のみ

寄付会員の方には、メールマガジン(希望者のみ)や活動報告書の送付、事業報告会への招待など、ご報告・交流の機会を定期的に用意する予定です。

発達わんぱく会は認定NPO法人の「仮認定」を取得しているため、発達わんぱく会に対するご寄付は
「寄付金控除(税額控除)」の対象となり、確定申告により寄付金額の最大50%が税金から控除されます。

寄付会員へのお申し込みは下記のフォームにアクセスしてください。
https://wanpaku.secure.force.com/


お問い合わせ先
NPO法人発達わんぱく会 広報・寄付チーム
047-702-8822(月~金 9:00-17:00)
pr@hwanpaku.org

ページトップへ